人気ブログランキング |
24時間全熱交換型換気システム
ジメジメする梅雨の季節、真っ最中ですね。

どんよりと重たい天気が続くと、それだけで憂鬱な気分になりがち。

不快指数が増し、「なんとなく体調が優れない」「疲れが取れない」など、身体に影響が出たり、カビやダニなどが発生しやすくなって不衛生になったりと、この時期の悩みはつきません・・・(+_+)

また日本の夏は蒸し暑く、冬は乾燥。

温度だけでなく湿度のコントロールが必要です。

今日はそんな梅雨時期にも効果的な換気システムをご紹介したいと思います。


☆24時間全熱交換型換気システム(澄家ECO すみかえ えこ)☆

冷暖房時に換気をすると、室内を暖めた(冷やした)エネルギーを捨てる事になります。 

換気で汚れた空気だけを排気し、エネルギーは交換(捨てずに回収)するのが、無駄のない効率の良い換気といえます。


「澄家ECO」は、床下に専用の機械、各所に専用ダクトを設置。

小屋裏や床下の空気を循環させることで、夏は涼しく、冬は暖かい住空間をつくることが出来ます。


☆冷房省エネルギー(熱交換)のメカニズム

澄家Ecoの『全熱交換器』で、熱い外気を各部屋の冷たい内気で、少々冷やし床下空間に給気します。

なおかつ、地中熱(夏の床下は25℃前後のヒンヤリとした空間)が、ベタ基礎に伝わり、床下の冷やされた空気と混じり合ってから室内に給気します。

f0205111_1544328.jpg


☆暖房省エネルギー(熱交換)のメカニズム

澄家Ecoの『全熱交換器』で、冷たい外気を各部屋の暖かい内気で、少々暖め床下空間に給気します。

なおかつ、地中熱(冬の床下は15℃前後の暖かい空間)が、ベタ基礎に伝わり、

床下の冷やされた空気と混じり合ってから室内に給気します。

f0205111_155069.jpg



またフィルターを通じて室内に入ってきた外気は、花粉をほぼ100%透過防止することが可能です。

アレルギーをお持ちの方も安心ですね♪


住まいには、効果的な換気と湿度のコントロールが必要不可欠です。

普段の生活においても、水廻りやキッチンなど蒸気の発生しやすい場所や押入れ、下駄箱など湿気のたまりやすい場所など、こまめに換気するようにしましょう。

外は雨が降っていても、お部屋の湿度が快適に保たれていると、気分もさわやかになりますよ。



ちなみに、Labo西宮モデルハウスに「澄家ECO」を搭載しています。

心地の良い温熱環境をぜひご体感ください。

モデルハウス見学のご予約はこちらまで。
by labo_akashi | 2015-06-23 15:02
<< 【ゴーヤの実がなりました。】 誕生木(たんじょうもく)12の... >>