人気ブログランキング |
【 手作り味噌教室を開催しました。】
1/28(土)西宮モデルハウスにて「自宅で味わう!手作り味噌教室」を開催しました。

私たちの生活に馴染みが深く、最近特に注目されている発酵食品の「味噌」。
自分たちで手作りする!ということで、好評いただきました。
ご参加いただきました皆様、教えていただいた栗田先生、本当にありがとうございました。

まず最初に、お味噌の歴史や栄養価、効能、市販味噌との違いなどを教えていただきました。
f0205111_13192354.jpg

今回は、先生の方で大豆を柔らかくなるまで煮ていただいたものからスタート!
【材料 出来上がり約2kg程度の場合】 大豆:400g 米麹:800g 塩:200g
f0205111_1343662.jpg


①麹と塩を混ぜ合わせる。麹の効果で終わった後は手がスベスベ~(*^_^*)
f0205111_13282851.jpg
↑写真を撮り忘れたので、昨年の画像です。

②大豆をビニール袋に入れて、潰す。
 手でも十分つぶれますが、すりこぎやマッシャーなどを使うのも便利です。
f0205111_13323824.jpg
↑写真を撮り忘れたので、昨年の画像です。

③潰した大豆と①の麹と塩を混ぜ合わせる。
f0205111_13352051.jpg

f0205111_1357544.jpg


④豆を煮たときの冷えた煮汁(飴とも言うそうです)を、しゃもじ一杯程度加えて、よく混ぜあわせる。
f0205111_1335447.jpg


⑤空気抜きをしながら、ダンゴ上にまるめる。
 ジップロックに空気が入らないように、上から押さえながらフタをする。
f0205111_13385239.jpg
f0205111_1337518.jpg


⑥新聞紙等にくるみ、直射日光の当たらないところに置く。
f0205111_13391754.jpg

f0205111_13451746.jpg


⑦仕込みから3ヶ月ほどして、表面に水分がでてきたら『天地返し』をする。
 ※天地返しとは?
 上と下の味噌を入れ替えること。発酵が進むように、空気に触れさせます。

⑧3~6ヶ月程度、そのまま置いておく。

⑨発酵が進んだ秋から冬ごろには、食べごろとなる。(山吹色になってきたら)

作業の後は、先生手作りの熟成味噌で作った重ね煮の味噌汁とパンダ豆を使ったおにぎりで試食タイム(^O^)
f0205111_13414167.jpg

野菜と味噌のうまみが、マッチしてとても美味しくいただきました。

手作りお味噌、出来上がりが待ち遠しいです。(*^_^*)

住空間設計Laboのホームページはこちら
https://www.jk-labo.com/

by labo_akashi | 2017-01-30 13:42
<< 【「里山ロジアのある家」のパッ... 【 お住まい探訪 いごこち 】 >>