<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ファイナンシャルプランナーに相談しよう。住宅資金相談会。

先日、西宮モデルハウスにて住宅資金相談会を開催しました。

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、お客様の収入や家族構成・資産状況などをふまえて、住居・教育・老後など将来のライフプランに即した資金計画やアドバイスをしてくれる専門家の事。

住まいを建ててから暮らしていくのに必要なお金やお子様の教育資金、生命保険なども考慮して、第三者的な立場で相談にのってもらう事が可能です。


住まいに、これくらいお金をかけても大丈夫かな?

事前に資金相談をしっかりとしておけば、不安が解消され、スムーズに住まいづくりを進めることが出来ますね。



相談会にご参加いただいたご家族も、それぞれ自分達がどうしたら良いか納得されたようで、すっきりとしたご様子でした。


ご参加いただいたみなさん、

ファイナンシャルプランナーの赤田さん、ありがとうございました。


そしてお金の悩みが解消されたら、住まいのことはぜひLaboにご相談ください。

ご予算に見合った最適な住まいをご提案させていただきます。


※写真はLaboスタッフとの打ち合わせ風景です。

f0205111_17534162.jpg

by labo_akashi | 2015-02-26 17:54 | イベント
カーボンオフセット
カーボンオフセットってご存知ですか?

「自分たちが出す温室効果ガスに責任を持つ」という考えに基づいた自主的な取り組みのこと。

日常生活や企業活動においてCO2等の温室効果ガスの排出は避けることが出来ません。

削減努力だけではなかなかゼロにすることが出来ないCO2の排出について、排出量に見合ったCO2量削減活動に投資することにより排出されるCO2量を相殺(オフセット)するという考え方です。


このたび、同じ兵庫県である養父市の「豊かな自然を後世に残したい」という思いに共感したことから、市が市有林の間伐を積極的に進めることで削減したCO2量をオフセットクレジットとして、購入することとなりました。

そして昨日2月5日、養父市役所にて「養父市市有林J-VER売買契約調印式」が行われ、社長の渡辺が調印式に参加しました。
(調印式の内容が、各社新聞掲載されました。
神戸新聞・朝日新聞・読売新聞・毎日新聞 順不同)

これらの取り組みを行うことで、養父市は売却益を植林など森林整備にあてていただくことが出来、私たちもCO2排出量を相殺し、地球温暖化対策に取り組むことが出来ます。

また、当社で販売を行っている誕生木を用いてつくった雑貨に、オフセットクレジット(J-VER)を付加し、雑貨をご購入いただく毎に一定のオフセットクレジットを使用することでお客様にもCO2削減に貢献していただく事が出来ます。

日本人ほど木に親しんできた民族はありません。

この取り組みが、さらに木に親しむきっかけづくりとなれば幸いです。

f0205111_13341795.jpg
by labo_akashi | 2015-02-06 14:53 | 建築素材のこと