2015年西宮モデルハウスイベント案内
あけましておめでとうございます。
本年も、住空間設計Laboをよろしくお願いします。

今日は成人式。よいお天気で良かったですね。
晴れ晴れとした気持ちで、期待と夢に胸をふくらませて・・・

新しい住まいを考えるときもこんな気持ちでしょうか?


さて、2015年1月から3月の西宮モデルハウスのイベントをまとめました!
HPのイベント情報をご覧下さい▼
http://www.jk-labo.com/information/detail.php?seq=219
個人的には、3月6日のお味噌作り教室が気になっています。。。


その前に、1月25日(日)

家を買う前に聞いておこう!『住まいづくりで知っておきたいお金の話』

お金は、生きていく上で外せないお話です。

相続税の改正で、一般の人にも相続税がかかる可能性がでてきました。実際にお客様から、土地を相続しての住宅を建てたいとのご相談も多くなりました。年末年始でご家族と将来のことをお話になられた方も多いのでは。そこで、

・相続税改正で何が変わったの?
・相続税対策ってどんな方法があるの?


そんな疑問を解消すべく、専門家の方をお招きしての勉強会を開催します。住宅を建て替えしたり、2世帯住宅を建てることも節税対策になります。しっかり勉強して損をしないようにしたいですね。勉強会のあとは個別相談も承ります。

現在一戸建て住宅にお住まいの方や2世帯住宅をお考えの方、相続税について詳しく知りたい方、ぜひご参加ください!モデルハウスの見学会も同時開催しています。

■勉強会:予約制 1月25日(日)10:00ー12:00/無料/定員 :8名/ 講師:株式会社あんしんプラザさん
■見学会:予約不要1月25日(日)10:00ー16:00/無料


それでは、2015年、みなさまの暮らしにお役に立てればと思っています。よろしくお願いします!
f0205111_12292669.jpg
f0205111_12295420.jpg
f0205111_1230342.jpg
f0205111_12301953.jpg
f0205111_12302825.jpg
f0205111_12304353.jpg
f0205111_12305047.jpg

# by labo_akashi | 2015-01-12 12:32 | イベント
【お正月を華やかに彩る、しめ飾り教室を開催しました。】

12/19日にお正月を華やかに彩る、しめ飾り教室を開催しました。

プリザーブドフラワーやドライフラワーを使って作る、
しめ飾りはシックで玄関周りが華やぎます(´∀`)

縄のわらも自然素材の塗料で染められているのでやさしい色合い。
飾りの材料もすべて天然のものなので、どんど焼きで燃やしても
有害物質がでないのがうれしいです。

お正月は年神様という神様をお迎えする行事。
年神様は家々にやってきて家族に幸せを授けてくださる神様です。
大掃除をしてから、しめ飾りを飾ってお迎えしましょう♪

作業中はみなさん、和気あいあいと和やかな雰囲気。
同じ材料を使って作っても、それぞれに個性的なしめ飾りが出来ました。
小人数だったこともあり、いろいろお話もでき楽しい時間になりました。
誠に、ありがとうございました。

f0205111_10395360.jpg


f0205111_10391190.jpg


f0205111_10401226.jpg



そして、うれしいお知らせです。 

参加してくださった方々からのご要望により来年の教室が決まりました!
両日ともプリザーブドフラワーを使ったアレンジメント教室です。

詳細は決まり次第ご案内します。
みなさまのご参加をお待ちしています。

■1月23日(金)10:00ー12:00 

■3月13日(金)10:00ー12:00 
# by labo_akashi | 2014-12-26 10:43 | イベント
【ウッドデッキのメンテナンスの仕方 保存版】

西宮モデルハウスのウッドデッキのメンテナンスをしました。

比較的暖かな12月初旬。
DIY初心者のLaboスタッフ高谷が塗料メーカーのオスモのお姉さんにポイントを伝授していただきました!

やってみたら楽しかったメンテナンスのコツをお伝えしようと思います~。


準備するものは、

・塗料・刷毛、またはコテバケ ・コテバケの場合は塗料を入れるバッド
・専用刷毛洗浄液
・養生テープ
・手袋



①事前に表面についている汚れを水洗い。デッキブラシで擦ってきれいに掃除しておきます。

 中2日はあけて、十分に乾燥させます。雨が降ってしまったら延期です。

 塗装の当日に乾いた雑巾で乾拭きしてホコリをとります。

③サッシ周りや外壁などに塗料がつかないように養生テープで養生します。
f0205111_14375511.jpg


④刷毛はあらかじめ付け根のところを、専用の刷毛洗浄液で湿らせておきます。塗料は時間が経つと固まっていくので、塗装が終わったあと刷毛を洗うのが楽です。
f0205111_1448534.jpg


⑤塗料は重い成分が下に沈殿しているので、使う前に良くかき混ぜます。30回くらい?かな。くるくるとかき混ぜて抵抗がなくなるとよく混ざっています。缶から直接塗る場合は途中で塗料を混ぜましょう。
f0205111_1583334.jpg
 


⑥細かいところは刷毛が使いやすいです。刷毛は柔らかすぎず固めの方が塗りやすいとのこと。

塗るときのポイントは、木目にそって薄く均一に塗る!です。

f0205111_15425552.jpg

角を先に塗って、あとは木目にそってのばしていきます。

素人の人はついつい厚塗りになってしまうとのこと。
こんな塗料の塊ができたら厚すぎ。全体に薄くのばしましょう。乾いた時にムラになってしまいます。
f0205111_15143811.jpg



⑦こちらがコテバケ。広い面積を均一に塗りやすいのでDIYにはおすすめです!
f0205111_14581591.jpg
f0205111_14584161.jpg

プロの塗装屋さんは、誰でも簡単にきれいに塗れるから?あまり使わないそう…
刷毛できれいに塗れてこそ!職人魂が許さないのだたとか。


マジックテープでモップ部分を取替可能。このモップ部分は基本的に使い捨てです。
コテ化けのときは塗料を少量ずつバットに移して使います。そして塗料の缶はきちんと蓋をしておきます。

こちらも木目にそって薄く均一に塗る!のがポイント!

バットで塗料をよく絞ります。そして押すように力をいれて、うすーく塗っていきます。
f0205111_15371244.jpg



これだけです。

あとは1日乾かして1週間以内にもう1度同じように塗っておくと塗膜がしっかりできて長持ちしますよ!

f0205111_15311531.jpg

しっとりとして気持ちよく仕上がりました!自分でメンテナンスしてきれいに出来たときの達成感がたまりません!

木も人の皮膚と一緒で乾燥するとガサガサしてしまいます。特にウッドデッキは外部なので紫外線や雨風にさらされて過酷な環境にいます(゜д゜)オイルを塗って保護してあげましょう。

木材は手をかけてメンテナンスしてあげるとちゃんとこたえてくれる優しい素材だから好きなのです(^-^)


塗料はLaboでも販売しています。お気軽にお問い合わせください。

 ※今回の材料
  ・オスモカラー外装用クリアプラス0.75ℓ 5,610円 20㎡2回塗りできます
  ・オスモ筋違い刷毛10号 30mm 1,670円
  ・オスモ筋違い刷毛20号 50mm 1,900円
  ・オスモのコテバケ150mm巾 1,500円
  ・専用刷毛洗浄液  オスモ 1ℓ 2,640円(刷毛を使い捨てにする場合は要りません) 



 
# by labo_akashi | 2014-12-09 15:56 | 建築素材のこと
【 クリスマスリース教室 開催しました。】

11/28日(金)西宮モデルハウスにて、
生ヒバを使った「クリスマスリース教室」を開催いたしました。
体感するモデルハウスをコンセプトに企画しているLaboのワークショップイベント。


リースの丸い輪は、始まりも終わりもなく「永遠」を表し、
飾りにつける木の実やリンゴは豊作を、リボンには魔除けの意味があるそう。
丸い輪は天使の入り口の目印になっていて、ここからお家に幸福をもたらすとの言い伝えがあるそうです。

今回は生の常緑樹(ヒバ)を使い、松ぼっくりやリボン、木の実などをつけてアレンジメントしていきました。

まずは、ヒバを大きな幹から切り取り、土台となるリースに差し込んでいきます。

f0205111_1694510.jpg


この時、ヒバの向きに注意しながらワイヤーで固定するのがポイント!

f0205111_16114337.jpg



ヒバの丸いリースが出来たら、松ぼっくりやリボン、木の実などを差し込んで、飾り付けていきます。

f0205111_16102888.jpg



松ぼっくりなど大きくて重みのあるものは一つづつワイヤーで固定。

f0205111_16101273.jpg



リボンの色や柄、つけ方、飾りの組み合わせのバランスを先生に教えていただきながら、
和やかな雰囲気の中作業は進みました。

そして、見てください。

f0205111_1610457.jpg


f0205111_1611472.jpg


みなさん個性的でとっても素敵な作品が仕上がりました(^^)


時間が経つと先のほうが部分的に黄金色に変わってくるそうですが、
お正月明けまでフレッシュな緑が楽しめるとの事。

飾っているうちに少しずつドライになり、
ますます良い風合いになっていくのが楽しみですね♪

ご参加いただいたみなさん、講師のアトリエクレアの小川先生、
本当にありがとうございました。



来月12月のワークショップイベントは、
お正月を華やかに彩る、しめ飾り教室」を開催予定です。

日 時:12/19(金)
時 間:AM10:30~12:00
参加費: 2500円 
場 所: 西宮モデルハウス
【 完全予約制 】    予約TEL 0798-63-3133

晴れの日にふさわしい華やかなアレンジメントで、新年を迎えましょう。
# by labo_akashi | 2014-12-05 16:16 | イベント
【お野菜がとびっきり美味しくなる”重ね煮”ってなぁに? 】
9/23(火)西宮モデルハウスにて重ね煮お料理教室を開催しました。
体感するモデルハウスをコンセプトに企画しているLaboのワークショップイベント。

実際のアイランドキッチンを使っていただきながらのお料理教室は、ホームパーティなどたくさんの人とでも一緒に調理がしやすい、3口並びのコンロが使いやすいなど、生の声を聞くことが出来、充実した内容のものとなりました。

重ね煮初心者の方から、アレンジを教えてほしいという方までいろいろな方にご参加いただき、包丁の使い方、野菜の切り方までとても丁寧に教えていただきました。
講師をしていただいたキャサネリーヌ嘉子先生、本当にありがとうございました。
そこで重ね煮ってなぁに?と思ってらっしゃる方に少しご紹介したいと思います。


f0205111_14445430.jpg



以下、キャサネリーヌ嘉子先生レジメより引用しています。
http://casanerine.blogspot.jp/


“重ね煮”とは、
お鍋に切ったお野菜を重ねていき、上下に塩をふって蓋をして蒸し煮したもので、“煮る”“焼く”“揚げる”“炒める”のような調理法のひとつです。
それぞれのお野菜がもつ特性をお鍋の中で調和させるので、お野菜がとびっきり美味しくなります。


f0205111_14452244.jpg


f0205111_14455210.jpg



ポイント
・上に向かう力をもったお野菜(陰)は下に、下に向かう力をもったお野菜(陽)を上に並べる。
 上下に塩を振って弱火でじっくり煮る。
 塩の量は、お鍋の中にパラパラと粉雪が降る程度に。味付けのためではなく、お野菜たちの力を引出すためのものです。
・イラスト番号の若い順に下から並べる。
・豆類は、あらかじめ水煮や蒸した状態から使う。

※この順番は、あくまでも原則です。素材によっては例外もあります。


f0205111_14461691.jpg


重ね煮の良いところ
・野菜たっぷりで身体にやさしい
皮をむかない、アクを抜く必要がないのが重ね煮の大きな特徴です。“一物全体”でお野菜を余すことなく食 べられるので、栄養満点でデトックス効果もあり消化にもやさしいのです。

・エコ&ストックできて現在の生活にぴったり
皮をむかずにお野菜を丸ごと使用する重ね煮は、無駄なごみを出さず、とってもエコな調理法です。水を加 えないことで腐りにくいため、冷蔵庫で約1週間保存できます。そのまま食べても十分美味しい重ね煮です  が、アレンジも可能。ほかの食材とあわせることで、和洋中のどのメニューもあっという間に完成です。

・小さな子供から大人まで
ミキサーにかけてポタージュにすれば離乳食から介護食まで幅広く使えます。お野菜たっぷりなうえに吸収 しやすいのも魅力です。


美味しさの秘訣とは?
有機・無農薬や自然農で作られたお野菜を使う、良いお鍋、良く切れる包丁を使うことは美味しくなるには必要ですが、美味しさの要素は必ずしもそれだけではありません。
丁寧に切る、楽しい気持ちで、感謝して料理することも大事な要素です。

f0205111_14464825.jpg


f0205111_1447491.jpg



お野菜やキノコを包丁で丁寧に切って、お塩を入れて、お鍋に順番に重ねて、後はクツクツと煮るだけ。
煮ている間にお鍋の中でバラバラだった野菜たちがふんわり、まあるく一つに重なるといった感じ。
それだけでこんなに旨みがでるなんて!!!
しかも調味料でつけた旨みではなく、自然の旨み。あらためて素材の力を知ることが出来ました。

みなさんも一度お試しください♪
# by labo_akashi | 2014-10-10 14:51